第2回 アナログゲームフェスタ

イベント

昨日9月10日(土)、東京・浅草にてアナログゲームフェスタが開催されました!

情報の遅い私はこのイベントを開催3日前に知ったのですが、
せっかくなので行ってみよう、ということで足を運びました。
今回はその様子をレポ!

アナログゲームフェスタとは?

ボードゲームやボドゲ関連グッズ、書籍等の制作者が一堂に会する、
まさにアナログゲームの祭典ともいえるイベントです。

ワンコインの入場料で120を超えるサークルの作品を試遊、購入できるとあって、
私が知る限り、ゲムマを除けば最大規模のイベントと言っても過言ではないと思います。

会場は産業貿易センターで、銀座駅から徒歩5分の好立地。

建物高すぎてちゃんと撮るの諦めました、都会すごい…。

会場の様子

11時から開催だったのですが、朝にめっぽう弱い私が会場に着いたのは13時前くらい。
この手のイベントは開幕直後が最も混雑し、だんだん人が減ってくるので
もう2時間近く経ってるしもうあんまり盛り上がってないかなぁ…と思っていたのですが!

まったくそんなことはなかったです。
ボードゲーマーすごい。アナログゲームフェスタすごい。
っていうか広っ!すごっ!

スポンサーリンク

ブースの様子

ここからは私が巡ったブースを紹介していきます。

三ツ星まかろん

まず最初に遊んだのがこちらのブースのゲーム。

列ごとに役を作って勝負する名作ゲーム、バトルラインをモチーフにした
その名も「横濱ミナトミライン」の試遊、販売をしていました。
箱裏の、イヌがいれば、「ワンチャンある。」、好きですw

基本ルールはバトルラインと同じですが、
3ラウンド制で、列ごとに勝つと資源がもらえ、
最終的には資源数に加え種類ごとのボーナス得点もあるため
どの列を狙うかという戦略性があります。
また、一部のカードに特殊効果がついているためプレイ感が少し変わっているなど
色々新しい要素もあって、かつ遊びやすかったです。
あとイラストやコンポーネントがかわいい!

最終的には手札を使い切ってラウンド終了。

今回は試遊なので1ラウンドのみ遊ばせていただきましたが、
これは普通にフルでやりたい、と思えるゲームでした。

サークルについてはコチラ

ダーシマゲームズ

お次は美味しそうなドット絵に目をひかれたこちらのブース。

展示されている作品を使って説明していただけました。
お肉、お魚などいろんな種類のカードを集めて役作りをするゲームとのこと。
いわゆるセットコレクション系のゲームかな?という感じですが、
ミックスフライ定食を作るというフレーバーがいいですね。

あと、ブースの方が
「からあげは最強ってことでオールマイティです!」
と言いながらレインボーカラーのカードを見せてくれたの、めっちゃ面白かったです。
わかる、からあげ美味しいもんね!

サークルについてはコチラ

SAKURA-GO-ROUND

続いてはこちらのブース。

写真には写ってませんが、全部で5作品くらい販売していたと思います。

その中でも大きく展示されていたTHE SPACEについて説明いただきました。
基本的にはバッティング系のゲームなのですが、
コンセプトとしては定員の決まった宇宙船になるべく多く乗客を乗せる、というものです。

バッティングゲームなので同じ数字がかぶったらダメなのですが、
それ以外にも処理の優先順位が決まっていて
その順に宇宙船の定員となるまでしか手札が消費できないルール。
さらに、定員はゲームごとにランダムで決まるためゲーム展開もいろいろ。
聞いているだけでも、シンプルかつジレンマがあって面白そうだと思いました!

サークルについてはコチラ

Friedegg Games

歩いていると見た目に惹かれずにはいられないブースを発見。

もはやボードゲームではない(褒め言葉)

キャンディポットの方を試遊させていただきました。

虫歯なので一刻も早く手元のアメをなくしたい、というゲーム。
出す札によってNPCに食べてもらったり他人に押し付けたりブロックしたり。
ただし同じ札(押し付け札は同じ方向)だった場合無効になるバッティングゲーム。

そんなゲームの試遊の第一手がコレ。

お互い初対面のはずなのに何なんだこの意気投合っぷりは…
まぁバッティングゲームなので意気投合したらダメなんですけど。

そうこうしてるうちに、初手1人だけ違う手を選択した人は早々に1位抜け。
一方、初手でバッティングしてしまった3人は…

仲良しかよ!

その後も白熱した?戦いは続き、
制作者サイドから「このゲームこんなに続くもんじゃないよ!」と言われるほどの激闘の末…

負けました\(^o^)/
いやぁ、あまりのバッティングっぷりに笑いすぎて死ぬかと思いました。

サークルについてはコチラ

スポンサーリンク

INTELLIGENT MONKEY

熱心に声掛けをしているサークルがあったので寄ってみた。

なんとこちら、台湾のボードゲーム制作者さんなんだそう。
実際、台湾でもボードゲームイベントが開催されているという話は耳にするので
あちらでもかなりの盛り上がりを見せているのでしょうか。

ボクシングキャットの説明をしていただきました。
一部の情報が伏せられている中で数字カードを取り合い、
合計数値の高い方が勝者となる、というルール。
ただし、特殊カードが何枚かあり、それを取ると
数値が低い方が勝ちになったり、最大数値が無効化されたりするという
駆け引き系のゲームとのこと。

すごいなと思ったのは、その説明をマンガを見せながらしていたこと。
ゲーム内容に沿ったイラストなのでどんなゲームかイメージしやすかったです。

サークルについてはコチラ

なつき屋ゲームス

いろんなゲームの説明や試遊を経て次に目に留まったのがこちら。

ボードゲームで使うカードスタンドやトークントレイ等を扱っているブースです。

私は木工には詳しくないのですが、
いろんな木材を使っているので色合いも木の種類ごとに違い、
中にはかなり高級な木材で作られたものもあるそうです。

また、カードスタンドの中にはカードだけでなくチップも置けるタイプのものがあり、
ボードゲームする上での利便性もかなり高そうです!
こういうの、見てるだけで楽しくなってくるんですよね…

サークルについてはコチラ

GOTTA2

遠くからでも目をひく看板が印象的なブース。

近くに寄ってみるとガラポンが!
こういうの見るとついつい回したくなっちゃうの、私だけですかね?

1回1000円で、最低でもプラケースの中から2個orケース左のゲームの中から1個もらえ、
さらにブースで使える500円クーポンもゲットできるという、お得すぎるガチャ。

せっかくなので1回回して、もらったクーポンで買い物もしました。
ボドゲが2つもお得に手に入って満足!

サークルについてはコチラ

ハムさんの本棚

3年前に知り合って最近再会したハムさんを発見。

自身の本に別制作者さんのゲムマ新作展示、さらにはゲムマのイベント告知と
盛りだくさんなブースを1人で切り盛りしてました。
私はそもそもハムさんが出展してるのを知らなかったので色々ビックリ。

そうそう、ゲムマでは十華祭という
ボドゲ関連グッズや書籍等の制作者さんが集うエリア出展が開催されるそうです。
ゲムマに参加される方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

十華祭実行委員会 lit.link(リットリンク)
クリエイター、ゲームマーケット2022秋にて、書籍やグッズを集めた文化祭のようなエリアブースを作るプロジェクトです! 協力団体&委員会メンバー絶賛募集中です!、SNS、Youtube、ブログ、商品、HPなど、いま見て欲しいリンクを、まとめてシェア

サークルについてはコチラ

スポンサーリンク

アクサン・シルコンフレックス

さて、そんなハムさんから
「向こうに面白そうなブースがあったよ!」と向かった先がここ。
サークルについてはコチラ

何コレ楽しそう。

下のマットやその上にくっついてる帯はすべてマジックテープでできていて
くっつけてボールを転がしてくぐらせることで、くぐらせた先のテープの上に輪を作れるので
そうやって自分のマジックテープをどんどん減らしていくゲームだそう。

ルールはシンプルなアクションながら、見た目にも楽しいので
親子で遊ぶ、なんてのもよさそうです。
来月のゲムマ秋で発売されるということなので、気になる方はぜひ!

ダイスキャスターズ

見た目が華やか、オシャレなゲームを取り扱っているブース。

めちゃくちゃ個人的な偏見なんですけど、
ダイスキャスターズさんは見た目かわいく中身ガチなゲームを作っているイメージ。
でもコンポーネントがかわいいって割と正義だと思います。
私としては、特に右下のうさぎのコマが好きです。

サークルについてはコチラ

スマートエイプゲームス

レイアウトが豪華なブース。

ゲームとしては宝石のきらめきライクな感じで、
資源を使ってスタッフを雇いながら
どんどん得点の高い上位スタッフを狙っていく感じ。

特徴的なのは、スタッフを雇うとゴミが発生するので
そちらの掃除も並行してやらなきゃいけないということ。
り、リアル…!

あと、ブースの方が写真右のボードを持ってたんですけど、
コレめちゃくちゃ凝ってるなぁって思いました。

サークルについてはコチラ

SM Rabbit

最後は私も知ってるこちらのブース。

レイアウトがいい感じだったので撮らせてもらいました。
ゲーム自体は既に持ってます。

こちら、イラストがかわいいのはもちろん、
内部もこれでもかというくらい凝ってるすごいゲームです。
今は通販等していないそうなのですが、九州からわざわざ足を運んだというのだから驚き。

このゲームのこだわりっぷりは過去に記事にしているのでよろしければ。

サークルについてはコチラ

スポンサーリンク

行ってよかった、大規模イベント

と、こんな感じにいろんな制作者さんのいろんなブースを見てきました!
正直ゲムマを除くとここまで規模の大きいイベントは行ったことがなかったので
来られてよかったなぁって思いました。

近年では全国各地で大小様々なボードゲームイベントが開催されていて、
フリマだったり試遊会だったり内容も様々かと思います。
その中で、アナログゲームフェスタは特に個人制作者さんにフォーカスが当たっている印象でした。

シーズン的にゲムマの前月ということもあり、
既に出ている作品の販売や試遊だけでなく、
ゲムマで出る予定の作品の先行展示なんかも随所で確認できました。
そういうのを見ると、来月のゲムマが一層楽しみになってきます!

ここ2年ほどこういうイベントにはなかなか行けてなかった分とても楽しかったです。
第3回があるのかどうかは分かりませんが、次があればその時もぜひ行きたいです!

戦利品!

ということで!
最後はイベント記事恒例、戦利品で締めようと思います!

いいのあったら1~2個くらい買おうかな、なんて思ってたの、どこの誰ですかね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました