第6回まいねさん主催ボードゲーム会

ゲーム会

関西のボードゲームイベント、盤祭の前日、12月7日の土曜日。
明日を待ち遠しく感じながら…

私はボードゲーム会に参加するのであった!←

開催されるのは1年ぶりということで参加者の皆さんにお会いするのも(1人を除いて)1年ぶり。
美味しいご飯が最高のお店の一角を借りて、ワイワイ盛り上がってきたので
その様子をお届けします!

ということで、まいねさんという方が主催するクローズ会にお呼ばれしてきました!
この会はまいねさんが様々なところで知り合った方を呼んで
ボドゲに馴染みのある人もない人も楽しく遊ぼうという趣旨で行われています(たぶん)。

主催まいねさんのブログ記事はコチラ↓

【ボドゲ】第6回まいね主催ボードゲーム会|まいねじゃ!
青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。|【ボドゲ】第6回まいね主催ボードゲーム会|まいねじゃ!
スポンサーリンク

メンバー

まいねさん

この会の主催者。
ボードゲーム以外に自転車の趣味があったり食べ物仲間がいたり(?)、
毎回撮影用にちゃんとした(?)カメラを持ってきていたりと何かと幅広そうな人。
長らく連絡が来ていなかったので生きているのか心配していたところに1年ぶりの案内をくれた、
暇人の私とは違う何かと多忙そうな方です。
今後ともよろしくお願いします(o^―^o)

ルイージ店長さん

毎回プラスチックの大きな箱でボードゲームを持って…というより運んでくる人。
三宮ボドゲフリマでお会いしたので唯一1年ぶりの再会ではない人でもある。
というか何なら盤祭でも会ったw
わざわざ隣県から足を運んでくれるすごいベテランボードゲーマー(アバウト)。
ちなみにまいねさん会は皆勤賞らしい、すげぇ…!

千春さん

私と同じく第4回に初参加して今回が3回目の方。
元々はまいねさんのお酒やご飯仲間らしいです。
なのでボードゲームはあまりされたことがないそうなのですが、
まいねさん会ではボードゲーマーに交じっても普通にしっかり楽しく遊んでてすごい。

コッシーさん

第5回が初参加の方ということで私がお会いするのは1年ぶり2回目。
月1で開催されているオープンボードゲーム会でまいねさんと知り合ったそうです。
ライトゲーマーのようなのであまりガッツリしたのは遊ばれない(?)ですが
控えめながらしっかり考えてるプレイングをしている印象。

fruit

昨年夏の第4回に初参加、その後昨年末の第5回を経て3度目の参加。
まいねさんとはいつも行くボードゲームカフェでお会いした際に誘っていただいて
それから連絡があるたびにボドゲを抱えて押しかけてます。
まいねさん会はゲーマー非ゲーマー問わずいろんなセンスがある人が多い気がする。

みんなのボードゲーム

こちらが皆さんが持ち寄ったボードゲームです!

撮影・提供:まいねさん

そして私が持って行ったゲームがコチラ。
(私は少し遅れての参加となってしまったので別撮りに)

事前に参加者5人と聞いていたのですべて5人で遊べるゲームになってます。

ゲーム会は食事も含めてトータル5時間。
もうどう見ても遊びきれるワケがないたくさんのボードゲームに囲まれました。
とてもいいことですね!

スポンサーリンク

ボドゲタイム! 前半戦

ではここからは遊んだゲームを。

KARTEL

ダイスを振ってコマを進めながら、
ボスを捕まえたり子分を仲間にしたり賄賂を手にしたりするギャングっぽいゲーム。

7色のボスに対して捕まるのは5色だけ。
捕まれば子分は点数に、賄賂は0点になり、捕まらなければ子分は失点に、賄賂は点数になる。
自分が1色を集めすぎるとその色は自力で逮捕しなければならなくなるため
他の人の顔色も伺いながら判断を下していきます。

失点を最小限に抑えつつ順調に進めていた私ですが、
他の人に上手く便乗してガッツリ子分を点数化したまいねさんに負けて2位でした。

インカの黄金

危険な遺跡に潜るチキンレースゲーム。

ゲームは全部で5ラウンド。
1枚ずつカードをめくっていき宝石が出たら山分けしながら進んでいくのですが、
5種類の様々な危険が行く手を阻みます。
同じ危険カードが2枚出たら遺跡は崩落。
そのラウンドで得た宝石はすべて投げ出して命からがら逃げなければなりません。
帰らなければ遺跡が崩落するかもしれない、しかし人数が減れば分け前は増える…
そんなジレンマを抱えた良作です。

1ラウンド目にコッシーさんが1人で大量の宝石を持ち帰ったことで
皆の闘志に火がついて最初からクライマックス状態!

全種類の危険カードが1枚ずつ出た現場。

もう何かの危険カードが1枚出た瞬間アウトのドキドキ感がすごい。

最終的に集めた宝石(金が10点、黒が5点、緑が1点)。

私はチキンなので毎ラウンドちょっとずつ持ち帰っていましたが
1ラウンドで多めに持って帰った人も何人かいてわずかに負けました。
というか上位陣は皆僅差だった…!

ディナータイム!

さて、この辺りでお待ちかねのディナータイムです。

もう美味しそうすぎてヤバい!
というか美味しいんですよ!!
サラダのシャキシャキ感とか揚げ物のサクサク感とかもう最高です!!!

私は洋食派なので居酒屋でやるような普通の忘年会だと苦手なものが多くなりがち。
なので私個人としては最高のお店チョイスです。
何というか、まいねさんについて行けば間違いないですね!(?)

特にチキンは大好物なのでこれなんか最高でした(*´▽`*)

スポンサーリンク

ボドゲタイム! 後半戦

と、最高のご飯でお腹を満たした幸せのまま、楽しいボードゲーム再開!

ドメモ

数字当てのゲーム。

1が1枚、2が2枚、7が7枚と、1~7まで異なる配分で構成された数字タイル。
他の人のタイルが見えている状態で、自分のタイルを当てるというゲーム。
(ただし一部伏せられているタイルがある)

もちろん場に何が何枚見えているから、という計算も必要なのですが、
最重要なのは「誰が、何と言ったか」というところです。
例えば、誰かが1を宣言した場合、自分から見えている範囲に1がないから
もしかしたら自分が持っているのかもと思って宣言した、
つまりその人からは見えているはずの自分の手元には1がないのではないか?
といった推理ができるワケです。

しかも、慣れてくるとそれを逆手にとって1が見えてるのに1と言う人が現れたりするので
簡単な割に結構深いゲームです。
…え、誰だよそんなブラフ撒くのって?えー誰だろ知らないなぁ(・∀・)

何度かやったのですが、私は毎回割と早く上がれてました。
その時の景色がこんな感じ。

神視点めちゃくちゃ楽しいです。
ちなみにこの頃になると酔いが回ってきた人も何人かいて
皆で爆笑しながら遊んでましたw

マドリーノ

その名の通り、間取りを作るゲーム。
毎ラウンドダイスを振って決められたドアや壁、窓などの間取りを書き、
またダイスを振って決められた方角に決められた設備を記入していきます。

まぁダイスの女神様次第ではとんでもない図面ができるけどそれはそれ。
6ラウンド終了後、各自が作った間取りを見せてプレゼンし合い
一番良かった人を投票で決めるのでこじつけ万歳!

皆が作った間取りがコチラ。

上段が左からまいねさん、コッシーさん、ルイージ店長さん。
下段が左から私、千春さん。
コッシーさんのタイトルが異常に力強くて皆で大笑い。
お風呂が外にあったり壁が微妙に閉じてなかったりする家もあるけど大丈夫、仕様です。

今回は出目が異常に偏ったせいでやたらと洗濯機が出る上に
大型設備はお風呂が最後に辛うじて1回出ただけでベッドもキッチンも出なかったため
もうどうあがいても絶望。

私の間取り拡大図。

プレゼンは苦手なので何とかなけなしのパズル力を駆使してちゃんとした家を目指しました。

終盤に上手く増設できた左下の部屋をテラス席と称したのが一番の目玉。
庭いじりや庭遊びで汚れたものを洗うために屋外にも洗濯機を配備。
お風呂はなんかちょっと狭くてドア多いけどちゃんとバスルームになっています。
さらに家の奥には両開きドアの小部屋を作り、ミニステージっぽくしてあるので
音楽や演劇等を習っている子供のちょっとしたおうち発表会、なんてことも出来ちゃいます。
…左上の古いトイレは撤去が間に合わなかったので後日片付けに上がります。

というような内容のプレゼン。

投票はかなり割れましたが、
「ちゃんとお家してる…」という理由で1人だけ2票入りトップ賞をいただきましたw

SCOUT!

前の人より強いカードを出す大富豪っぽいゲーム。

今年のゲームマーケット秋の新作で、ゲムマでは完売。
さらに話題が話題を呼び通販に出したらそちらは2分で完売したとかいう狂気のゲーム。

ルールとしては簡単で、前の人が出したカードより強いカードを出す。
カードは1枚出すか、複数枚を連番かすべて同じ数字で出すかができる。
枚数が多い方がより強く、数字が大きい方が強いのだが
同じ枚数なら同じ数字の方が連番より強い (例:6と7の連番2枚<2が2枚) 。

それだけだとほぼ大富豪なのですが、ここからが重要!
まず1つは手札の並び替えが出来ないこと。
そして一度に出せるカードは隣り合うものからのみ。
つまり手札に10が3枚あっても位置が離れていたら出すことは出来ないのです!
(ただしゲーム開始前に限り、順番そのままで上下を入れ替えるのはOK)

そしてもう1つ。
出せないときは既に相手が出したカードを取って手札の好きな位置に加えることができる、
つまりスカウトすることが可能。
この2つのルールによって、手札構築という要素が生まれるのが本当に面白い!

2戦目の手札。

10や5がたくさんあるものの場所が離れていて全部同時に出すことができない。
なので前の人が2を出したときにスカウトして間に挟まっている邪魔な2を2枚にして強くしたり
端っこの方にある8は9をスカウトして2枚出しできるようにしたりと工夫を凝らす。

するとこうなる。

2枚出しは結構頻繁にあるけど、
3枚出し、それも連番ではなく同じ数字で出ることはなかなかないので
5を3枚出しすることに成功!
そうするとあとは…そう、10の4枚出しでフィニッシュするだけ!

初期手札の並びが割とよかったというのもありますが、
1回プレイしたことでゲームを理解することができて勝利!
いやぁ、10の4枚出しはホントに気持ちいい!

ご飯とゆるゆるボドゲと

というところで、お店も閉店時間となりお開きに。
ルイージ店長さんにはまた明日盤祭で、その他の方はまた次回まいねさん会で、と
皆さんに別れを告げて帰路に就きました。

普段ボドゲはボードゲームカフェや公共施設でのイベントなどが多いので
飲食店で、というのはなかなかなくて新鮮です。
普段ボードゲームしない方と遊ぶのもまた違った盛り上がりを見せて楽しいし。
しかも美味しいご飯を食べつつゲームしつつ…というのはもう至福の時。

来年もまいねさんはお忙しいようなのですが、
時間が許すならまた是非開催して呼んでいただきたいなと思いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました