斯くして我は独裁者に成れり

所持ボド紹介

今回紹介するゲームは
昨年行われたゲームマーケット2018秋の話題作、
斯くして我は独裁者に成れり!

人狼などに代表される、
他の人の役割が分からない状態で進行する
「正体隠匿系」と呼ばれるジャンルのゲームです。

ただ、このゲームの面白いところは
「ゲーム開始時に自分の役職が決まっていない」ということ。
最初は誰しも7つの役職すべての可能性を持っているのです。
具体的に言うと全員同じ7枚の手札を持っています。

いや、それのどこか正体隠匿なんだよ( ゚д゚)
って思う方もいるかもしれませんが、
役職はその7つの中から可能性を切り捨てていくことで決まります。
具体的には、話し合いの後カードを捨てる、というプロセスを何度か繰り返すことで
最終的に1枚残ったカードが自分の役職になる、というルール。

つまり自分の得意不得意や場の状況に合わせて臨機応変に役を選べるというのが
最大の魅力であり楽しさポイント。

勝負は5日間、つまり5ラウンド行います。
まずは話し合いや状況確認を行うというのはよくある正体隠匿ゲーム。

で、その後なのですが、皆で投票/棄票を行います。
こちらのカードを伏せて全員で一斉にオープンすることでどちらかの行動をとれます。

投票は他の誰かに1票を投じ、棄票は自分含む誰かの1票を捨てます。
投票場所とチップはこんな感じ。

そしてここで役職選別タイム!
現在の日数に応じて既定の枚数の役職カードを捨てます。
このとき棄票した人は表向きで出すため、どの役職の可能性が消えたかバレます。
投票した人は裏向きで出すのでバレることはありませんが
4日目を除いて全体の内訳だけは分かります。
(誰かは分からないがトータル2人が独裁者を捨てた等)

そうして最後まで持っていたカードが自分の役職となり、
勝利条件によって勝敗が決まります。
例えば独裁者であればこんな感じ。

最終的に自分への票数が単独で1位なら勝利!
また、独裁者が勝つと自分も勝てる道化師という役職も。
この2つの役職は互いに協力関係になりますね。

あるいは聖職者。

最多票と最少票の差が1以内、つまり全員の票数がほぼ均等であれば勝利!
こちらは基本的に聖職者同士で協力していくことになります。
票が多い人の票を捨て、少ない人に投票するといった具合でしょうか。

他にもいろいろ役職があり、役職同士は勝利条件が相反する形になっていたり、
逆に協力が狙えるようになっていたりします。

捨てられた役職は基本的に全体の内訳が分かるので
あっ、あの役職はまだ候補が結構いるな…など段々状況が読めてきます。
また、複数人の得票が勝利に関わる場合、
時には役職を明かしてでも協力者を募る必要があるかもしれません。

といったように、正体隠匿とは言いつつもかなり毛色の違う面白い作品です。
会話以外にも捨てられた役職という公開情報から推理することが可能なため
話すのが苦手でも思考を巡らせることができます。
人狼のような「善良な市民」と「悪役」ではなく多陣営勝負になるため
喋らないから怪しいとかそういうのもないですし。

そういうワケで初心者から上級者まで楽しめるおススメゲームだと思いますよ(^^♪

↓商品ページ・詳細ルールはコチラ↓
斯くして我は独裁者に成れり

コメント

タイトルとURLをコピーしました