平成GO

所持ボド紹介

新元号が発表されて2週間が経とうとしています。
そしてあと半月ほどで令和の時代がスタート。
平成は間もなく終わりを告げようとしています。

そんな今こそ!
平成の歴史を振り返ろうではないか!
ということで今回紹介するのは平成GO。

ストーリーとしては未来で歴史を守っていた時空警察が
突如バラバラになった平成史を元に戻すために奮闘するというもの。

カードは全部で3種類。
まず1つ目は平成カード。
平成の出来事が書かれた新聞風のカードが
平成元年から平成31年まで1枚ずつ入っています。

ありましたよねこんなこと。
私は平成生まれの人間なので平成初期の出来事は結構知らなかったんですが、
それでも「あー懐かしいなー」って気持ちになれました。

特に、個人的に面白いと思ったカードが2枚。

当時苦労された方も多いのではないでしょうか。
そんなあなたはこのカードの上部に目を向けないことを強くおススメします…。

これは一体何テピピックなんでしょう、私は知りませんね…((;゚Д゚)
閉鎖じゃなくて廃村ってところも地味にセンスある。

2つ目はフェイクニュースカード。
いわゆるワイルドカードに相当するものです。
その名の通り嘘の出来事が書かれたカードなのですが…

これがめちゃくちゃ面白いw
右2つはもうなんか色々ダメでしょう!w
スマホは「これ絶対自分で埋めてるじゃん」って言ってる人いましたが
まぁ128%そうでしょうね。

そして最後3つ目は時空操作カード。
こんな感じでプラスやマイナスの数が書かれています。

時空を歪める力を持つカードで、
平成カードと併せて使います。

例えばこの場合、きんさんぎんさんが100歳になるのを1年遅らせたり、
事業仕分けを今年(あるいは20年前)にしちゃったり。
まぁもうやりたい放題ですね(;´∀`)

ゲームは平成元年からスタート。
手番の人は平成2年、平成3年…と順番にカードを出していきます。

一気にまとめて出すことも出来る。
基本的には出した枚数だけ山札からカードを引けるのですが
3枚以上まとめ出しすると1枚多く引けます。
フェイクニュースがあると結構出しやすいですね。

もちろんこのとき時空操作カードを使ってちょっと歴史を捻じ曲げても構いません。

何か2年ほど早くコギャルが湧きました。
こうすると平成6年が時空操作しない限り置けなくなってしまうので
他の人へのアタックになることも。

あるいは既に置かれているフェイクニュースを正しい歴史に修正することもできる。

こんな感じで、大量破壊兵器じゃなくてきんさんぎんさん100歳だよ!ってな具合。
その後置いてあったフェイクニュースを取れるため、
次のターンにそれを出すこともできます。
また、時空操作カードを使った場合はその枚数だけ山札を引けます。
(要するに手番前後で手札の枚数は変わらない)
ただし、新しく次の年を出す時と違って
フェイクニュースとの交換をする場合は1ターンに1年分だけしかできません。

そのどちらもしないorできないというときはパスを宣言。
次の人に1枚手札を渡して山札から引きます(つまり手札が増えることはない)。
その次の人も連続でパスする場合は次の人に渡す枚数が2枚、3枚…と増えていきます。
もちろん引けるのは1枚。手札を増やすことはできません。

そんなこんなで平成30年まで行くとフェイクニュース禁止令が出ます。
そして平成31年が出されると…

ゲームは一気に収束していきます。
具体的に言うとパスNGになります(パス=即脱落)。
この頃には山札もなくなっているハズなので
手持ちのカードだけでの生き残り戦となります。

そして見事最後まで残った人が勝者!
次期天皇に内定だそうですよ(゚д゚)!

ちなみにルール上こんなことも認められてます。

平成32年以降の歴史を紡いでOK。
PPAPが流行るのは来年だよ!
(いや平成32年は永遠に来ないからPPAPは永遠に流行らない?)

勝敗という面では運要素が結構強いので
ガチでやるゲームというよりは面白カードを見てワイワイ楽しむゲームと言えるかなぁと。
仲間内でやるとホントめちゃくちゃ楽しいです。マジで。
基本的にトンデモ歴史ができるので
終始笑いの絶えないプレイ感になってます。
出来上がった平成史を眺めながら爆笑するまでが平成GOですよ!

↓気になる方はコチラで売られてるようです↓

平成GO - 反社会人サークル - BOOTH
平成最後のゲームマーケット、2019大阪で頒布された、反社会人サークルが平成最後に送る話題作!

コメント

タイトルとURLをコピーしました